診療の流れ

1.検査(2回かかります)

口腔写真撮影

[口腔写真撮影]
お口の中を撮影します。 エックス線写真撮影

[エックス線写真撮影]
的確な診断を行うため、レントゲンを撮影します。 サリバテスト

[サリバテスト(唾液を使ってむし歯のリスクを判定するテストです。)]
患者さん一人一人のむし歯のリスクを把握するために、唾液の検査を行います。 歯周基本検査

[歯周基本検査]
歯周病の検査をします。 予防歯科

[応急処置]
すぐに治療が必要な歯があった場合には応急処置を行います。

2.検査結果の説明

サリバテスト結果説明

[サリバテスト結果説明]
むし歯や歯周病の状態や原因、唾液の検査によりあなたの唾液の量・質・むし歯菌の数がわかります。

3.初期治療

TBI・ホームケア指導

[TBI・ホームケア指導]
今まで溜まっていたバイオフィルム(ばい菌のかたまり)や歯石を大掃除します。まずは歯磨きやご自宅でのケアの仕方を指導します。
縁上の歯石除去

[縁上の歯石除去]
普段の歯磨きでは取ることができない歯石を除去します。
SRP(超音波)

[SRP(超音波)]
歯ぐきの中に隠れている歯石やプラークを除去します。

PMTC

[PMTCとフッ素塗布]
歯の表面をクリーニングし、フッ素を塗り強く丈夫な歯にします。

4.評価(1回目)

評価(1回目)もう一度最初に行った検査をし、初期治療の結果、どのくらいお口の状態が良くなったのかを調べてから治療に入ります。

5.治療

治療必要に応じてむし歯の治療を行います。

6.評価(2回目)

今までの治療で病状が改善されているかを確認するため、あらためて検査を行いメンテナンスへと入ります。

7.メンテナンス

予防をしていくにあたり、メンテナンスは非常に重要になってきます。
その時の検査やクリーニングも大切ですが、いろいろな検査した上で予防プログラムを決定していくのですが、それを実践、そして継続していくことが一番重要であり、かつ難しいことでもあります。
その継続のお手伝いがメンテナンスの大きな目的です。
予防していきたいが、日々のお手入れで大丈夫なのか自信のない方は、定期的にメンテナンスの中でお口の中の現状はどうか、ちゃんと磨けているのか、こういう習慣は問題ないのかなどプロにみてもらい、その上できっちりとしたクリーニングを受けましょう。